アユタヤ遺跡巡り(午後出発ライトアップツアー)

ワット・ヤイチャイモンコン(アユタヤ)

バンコクから北へ約1時間30分、世界遺産に登録された古都の遺跡アユタヤ。1350年から450年もの間、アユタヤ王朝として栄えヨーロッパをはじめとする諸外国との貿易が盛んな国際都市でしたが、1767年にビルマ軍(現ミャンマー)の攻撃を受けて寺院や石像は無惨に破壊され廃墟となり消滅した歴史があります。現在でもその当時の栄枯盛衰を垣間みることのできるタイの代表的な観光地です。
本ツアーでは、アユタヤ遺跡の中でも特に人気の「ワット・マハータート」、「ワット・プラシーサンペット」、「ワット・ロカヤスタ」、「ワット・ヤイチャイモンコン」と「日本人町跡(車窓から)」を観光、また、タイに来たら是非体験したい「エレファントライド(象乗り体験)」と「サムロー」と呼ばれる三輪の人力自転車の乗車体験が楽しめ夕食も付いたお得な充実したツアーになっています。さらに本ツアーのメインであるライトアップされたアユタヤ遺跡へご案内!昼間の観光とは違った幻想的な景色をお楽しみください。
もちろん日本語ガイドが丁寧に解説案内、また、他のお客様が同乗しないお客様だけのプライベート専用車両(混載無し)で古都アユタヤを巡る旅へご案内します。
※ライトアップツアーは外からの見学となり、施設へは入場しませんのでご注意ください。


行程スケジュール

午後出発

ホテル(13:00)====①ワット・ロカヤスタ==②ワット・ヤイチャイモンコン==③ワット・マハータート==④ワット・プラシーサンペット==⑤日本人町(車窓から)==⑥象乗り体験(約10分)==⑦ 夕食==⑧サムロー乗車体験(約10分)==⑨【アユタヤ遺跡ライトアップ】ワット・マハータート,ワット・プラシーサンペット,ワット・ラーチャブラナ、ワット・プララーム==== ホテル(21:00)
※⑨のライトアップ観光時は外からの見学となり寺院内には入りません


ツアー料金

参加人数

1名様あたりの料金

合計料金

1名様

26,760円

26,760円

2名様

17,840円

35,680円

3名様

14,240円

42,720円

4名様

13,080円

52,320円

5名様

11,980円

59,900円

6名様

11,040円

66,240円

料金に含まれているもの

  • 専用送迎車
  • 日本語ガイド
  • 夕食代
  • 各種入場料
  • サムロー体験代(三輪の人力自転車)
  • 象乗り体験代

料金に含まれていないもの

  • 夕食以外の飲食代
  • 夕食時のアルコールなど、コース以外のもの

ご予約

① 出発時間を選択してください

② 参加人数を選択してください

お問合せ



ツアーの見どころ

ワット・プラシーサンペット

ワット・プラシーサンペット(アユタヤ)アユタヤ寺院の中で最も格式が高いとされる寺院で、セイロン様式の3つの仏塔が特徴的です。3つの仏塔それぞれに3名のアユタヤ王朝の遺骨が納められている神聖な観光名所です。

ワット・マハータート

ワット・マハータート(アユタヤ)ビルマ軍との戦いにより破壊されたワットマハータート、一番の見所は木の根に取り込まれた仏像の頭部、神秘的で観光客を魅了してやみません。戦に決して屈しないタイ人の後ろ盾になっている仏教、その支えとなっている仏像の首を切り落とし、放置したものが長い年月を経て、自然と木に取り囲まれました。その神秘的な姿は奇跡として祀られています。

ワット・ヤイチャイモンコン

ワット・ヤイチャイモンコン(アユタヤ)高さ62mを誇る仏塔がひときわ目を惹くワットヤイチャイモンコン、階段を上って内部の見学も可能ですが、階段が急で足場も悪くスリも多いため十分に注意してください。ワットヤイチャイモンコンの見所は、仏塔と回廊にずらりと並ぶ仏像が圧巻です。

ワット・ロカヤスタ

ワット・ロカヤスタ(アユタヤ)ワットロカヤスタは、全長57.7m、高さ8mの白い涅槃像が見どころでバンコクのワットポーの涅槃仏と同じく横になっている仏像が特徴です。1956年にレンガで原型を造り漆喰で固めて復元されていますが、劣化のため現在では漆喰がはがれている部分も見受けられます。

ワット・プララーム

ワット・プララーム(アユタヤ)クメール様式のプラーン(仏塔)がひと際目を惹くワット・プララーム、1369年にラームスエン王により建てられましたが、こちらもビルマ軍により破壊され、現在では中央の塔堂と本堂、七つの礼拝堂が残っています。また、回廊にずらりと並ぶ仏像は頭部が破壊されていますが、当時の面影が残っています。

ワット・ラーチャブラナ

ワット・ラーチャブラナ(アユタヤ)1424年、アユタヤ8代王のボロムラーチャー2世が王位継承争いで命を落とした2人の兄のために建てた寺院で、いつの間にか「この寺を訪れた王は死ぬ」などのうわさ話が広まり、歴代のアユタヤ王は誰もこの寺院を訪れなかった奇妙な伝説が残る寺院です。境内にはクメール様式のプラーン(仏塔)が中央に鎮座し、その手前の入口近くには今にも崩れそうな礼拝堂があります。また、仏塔の内部にも入る事ができ、アユタヤ時代の壁画もわずかに見る事ができます。

ワット・チャイワッタナラーム

ワット・チャイワッタナラーム(アユタヤ)※天候や都合によりサムロー(三輪の人力自転車)乗車体験が中止となった場合のみ、代替えとして「ワット・チャイワッタナラーム」へご案内します。
1630年タイの古都アユタヤにて、当時の王が母のために建設したクメール様式の寺院で、別名タイのアンコールワット(多数あるうちの1つ)とも呼ばれています。中央には高さ36mの巨大なプラーン(仏塔)がそびえたち、その左右に大小の仏塔が配置されています。こちらも侵略してきたビルマ軍により破壊されてしまいましたが、ある程度は修復され当時の面影が残っています。

象乗り体験

象乗り体験(アユタヤ)タイならではの体験!以外と高い象の背中に乗っての散策は見晴らし抜群ですが、想像以上に揺れますのでしっかり掴まってください。約10分位ですが、慣れないとお尻が痛くなるので短い時間がベターです。

サムロー乗車体験

※天候や都合によりサムロー(三輪の人力自転車)乗車体験が中止となる場合がございますが、代替えとして「ワット・チャイワッタナラーム」へご案内します。
サムローとは、後部に客席を設けた三輪自転車の人力タクシーで、日本の観光名所でも活躍している「人力車」の自転車版にあたります。今ではタクシーやトゥクトゥク(エンジン付き三輪タクシー)、モタサイ(バイクタクシー)などが主流となっているため、実際にお目にかかる事は稀になります。

日本人町跡

14世紀中ごろから18世紀頃までアユタヤに存在した日本人町、その頭領として活躍した山田長政は社会歴史の授業で耳にした事があるはず。日本とは朱印船貿易により多くの輸入輸出品により商業的発展を遂げた町でもあります。
※本ツアーでは、車窓からのみ(車内から眺めるのみ)となり実際に降車しての見学はございませんのでご注意ください。


重要なご案内

  • ワットマハータートの1番の見どころ「仏像の頭部」の前で写真を撮る場合、しゃがんで姿勢を低くして(仏像の頭部よりも自分の頭の位置が低くなるように)ください。
  • 天候や都合によりサムロー(三輪の人力自転車)乗車体験が中止となる場合がございますが、代替えとして「ワット・チャイワッタナラーム」へご案内します。
  • ライトアップの観光につきましては、外からの見学となり施設内には入場しません。
  • 観光予定箇所が予告なく急遽クローズ(お休み)となる場合がございます。
  • ホテル到着時間は、あくまで目安となり道路交通状況によっては大幅に変更される場合がございます。
  • 当日の道路交通状況によっては行程スケジュールの順番を入れ替える場合がございます。