旧泰緬鉄道乗車とカンチャナブリー観光

旧泰麺鉄道(カンチャナブリー)

バンコクから西へ約2時間、ミャンマーとの国境近くの町「カンチャナブリー」は、映画「戦場にかける橋」の舞台になった場所でもあり人気のツアーコースとなっています。特に旧泰緬鉄道は、第二次世界大戦中にビルマへ物資を運ぶために敷かれた路線で、クウェー川鉄橋など戦時中に破壊されましたが、1950年に復旧され現在では観光や地元民の足として利用されています。
本ツアーでは、JEATH戦争博物館からスタートして、戦没者慰霊塔や連合軍共同墓地を観光、歩いて散策ができるクウェー川鉄橋、そしてメインの旧泰緬鉄道、クウェー川鉄橋駅からタムクラセー駅までの区間を乗車します。ポイントは、アルペンルートのような高さ30m、垂直の岩壁の間を通る「チョンカイの切り通し」とタムクラセー駅手前のタムクラセー桟道橋、旧名称「アルヒル桟道橋」は、断崖絶壁を切り開き崖の側面に沿って続く約300mもの桟道橋はスリル満点で一番の見どころになっています。
また、タイ料理ビュッフェの昼食も付いてお得な充実した終日ツアーになっております。
もちろん日本語ガイドが丁寧に解説案内、また、他のお客様が同乗しないお客様だけのプライベート専用車両(混載無し)でカンチャナブリーを巡る旅へご案内します。


行程スケジュール

午前出発

ホテル(7:00)====①JEATH戦争博物館==②戦没者慰霊塔==③連合軍共同墓地==④クウェー川鉄橋==⑤旧泰麺鉄道乗車====⑥ 昼食(タイ料理ビュッフェ)==⑦プラ・パトム・チェディ==== ホテル(17:00)


ツアー料金

参加人数

1名様あたりの料金

合計料金

1名様

29,320円

29,320円

2名様

18,000円

36,000円

3名様

13,920円

41,760円

4名様

12,800円

51,200円

5名様

11,820円

59,100円

6名様

10,800円

64,800円

料金に含まれているもの

  • 専用送迎車
  • 日本語ガイド
  • 昼食代
  • 各種入場料
  • 鉄道乗車代

料金に含まれていないもの

  • 昼食以外の飲食代
  • 昼食時のアルコールなど、コース以外のもの

ご予約

① 出発時間を選択してください

② 参加人数を選択してください

お問合せ



ツアーの見どころ

旧泰麺鉄道

旧泰麺鉄道(カンチャナブリー)バンコクのトンブリー駅からカンチャナブリーのナムトック駅まで列車が運行しており、カオプーン駅とタムクラセー駅近くの断崖絶壁に敷かれた線路を通過するポイントが一番の見所となっています。

クウェー川鉄橋

クウェー川鉄橋(カンチャナブリー)映画「戦場に架ける橋」の舞台になったクウェー川鉄橋、第二次世界大戦中に日本軍が補給ルートとしてタイとビルマ(現ミャンマー)を結ぶ泰緬鉄道を開通、全工程で一番の難工事箇所として知られています。クウェー川鉄橋駅の先には、戦時中、実際に使用されていた蒸気機関車(C56型)が展示されており歴史を垣間みることができます。

連合軍共同墓地

連合軍共同墓地(カンチャナブリー)第二次世界大戦中に命を落とした連合軍兵士が眠る共同墓地、手入れが行き届いた墓地内は6982人の墓石が並んでいます。

戦没者慰霊塔

戦没者慰霊塔(カンチャナブリー)第二次大戦中に泰緬鉄道建設に携わり亡くなられた連合国軍及び関係の方々の霊を慰めるために、昭和19年2月当時の日本軍によって建てられたものです。タイに在住している日本人有志は、毎年9月、亡くなられた方々の霊を慰めるためにここに集まり慰霊祭を行っています。

JEATH戦争博物館

JEATH戦争博物館(カンチャナブリー)寺院ワットチャイチュムポン内の敷地にある「JEATH戦争博物館」、当時の捕虜収容所が再現されており、日本軍による捕虜への拷問を描いた絵などが展示されている。

プラ・パトム・チェディ

プラ・パトム・チェディ(ナコーンパトム)バンコクから西へ約1時間のところにある町ナコーンパトム、その代名詞にもなっている「プラ・パトム・チェディ」は、タイ最大の仏塔でその高さなんと約120m!圧倒的な存在感を放っています。


重要なご案内

  • 観光予定箇所が予告なく急遽クローズ(お休み)となる場合がございます。
  • ホテル到着時間は、あくまで目安となり道路交通状況によっては大幅に変更される場合がございます。
  • 当日の道路交通状況によっては行程スケジュールの順番を入れ替える場合がございます。